​「看護現場を変える0-3シンプルプロセス」のご請求
誠にありがとうございます!
こんにちは、セルフメディコ協会の福谷その子です。​
4本の音声動画が届くまでの間
​ちょっと耳より情報をお届けします
この動画に興味を持ってくださったのは・・・

今、あなたの職場はどんな空気が流れていますか?

慢性的な人手不足から、残業せざるを得ない、または休みを取りづらい?

たまの休みはずっと寝てばかりですか?

人間関係はどうでしょうか? 先輩や後輩たち、医師や理学療法士、患者さんとそのご家族、ピリピリとげとげしい状態ではありませんか?

​それとも、これはもしかしてイジメ?というような、パワーハラスメントまがいのことがすでに起きていませんか?

いえ、まだそこまでは・・・・

「いえいえ、そこまでは行ってません。でも忙しすぎる現場、ギクシャクした人間関係、​ヒヤリハットのミスへの対応など、気の休まる時がありません。なんとか綱渡り的に毎日をこなしている、という状態です。このまま行くと、自分の健康も損なうかもしれないし、何よりちょっとしたことでイライラしている自分が情けないのです。」

本当にそうですよね

極度の疲労は、心の健康にも大いに影響が出ます。

​余裕がなくなると、些細な事にイライラしたり、怒りが激化したり、または意欲低下や、ぼーっとする時間が増えたりもします。

2020年4月には働き方改革で、残業の上限が決められたり、有給休暇の消化が義務付けられ

2020年6月には新パワハラ防止法が施行されました。

​背景には、減らない過労死、自殺などの問題があるからです。

しかし法律が変わっても、それですべてが解決するわけではありません。

自分の身体や心が、壊れてしまわないうちに改善策を考える必要があります。

人によってもストレス耐性は異なります。他の人にとっては平気なことでも、あなたにとって辛いことはあります。

今回の4本の動画は、時間管理やコミュニケーションなどストレス改善につながる解決法これまでにない新たな視点からお伝えしています。

しかし、それでも多くの方に向けて話しているので、動画という性格上、個別対応がどうしてもできません。歯がゆい思いで、ご提供しています。

私は元気ライフをサポートするコーチです。心の健康、体の健康について、本当は1対1で、しっかりお話を聴かせてもらうことが仕事です。

なので、今回このプロモーションにご参加いただけたあなたには、特別プレゼントをさせていただこうと思っています。

*無料チケット「福谷と話をしよう50分」*

 

 

現場で働くあなたの、生の声を聴かせてほしいのです。

もちろんコーチには守秘義務があります。

愚痴でも、怒りでも、職場で言えないことも、ここでなら安心して何を言って大丈夫です。話をしてみることで、ストレスの半分以上が軽くなったと言われる方がたくさんいらっしゃいます。

特に今年はコロナ禍で、医療従事者への差別や偏見がいたるところで見られました。

信じがたいことですが、事実です。

​さぞかし、たいへんな状況だったのではないか、と陰ながらお察し申し上げます。

ウィズコロナの時代を、嫌でも生きてゆかざるを得ない私たち。

これまでと同じ、では、もうなくなります。

いろいろなことが、変化し、それも加速的に変わってゆくことでしょう。

おそらく、看護業界も今後、様々な変化が起きていきそうです。

今という時、ちょっと立ち止まって、自分のこと、周囲の人のこと、家族のことや本当に自分がしたいこと、大事にしたいもののこと、考えてみるチャンスなのかもしれません。

​そんな話も聞かせてくださいませんか?

実は、​私はかつて半年間ウツで休職してました

実は、私自身がかつて、ウツ状態で仕事を半年間も休職していたことがあります。私の場合は職場が原因ではありませんでした。

しかし、もともと人間関係は苦手でした。幅広くいろいろな人と接するのが苦手で、友達はいましたが、数少なくて、狭く深くという傾向でした。

親からも、あなたの考えていることは、さっぱりわからん、と、よく言われ、その突き放すような言葉が、まだ小さかった私を、長い間悲しくさせました。友達からも変わっている、とよく言われました。みんなは普通で、私だけが変、と思っていた時期もあります。

そんな子供時代を経て、やがて結婚、出産、それでも自分がなんだか変だという思いがずっとありました。子供をあまり可愛がれない自分だったり、母性が欠如しているのか、という不安だったり。

そんなたくさんの自分の歴史があって、その先に半年のひきこもり=ウツ症状という状態が訪れたわけです。身体の病気も同じですが、そうなるには歴史があります。

しかし、当時はそんなことはわかりませんでした。

ただ、何をする気力もない、人と会いたくない、外に出たくない、ただひたすら無気力、倦怠感、そして自分の顔は、見たくもないほど嫌い。当時は、朝、洗顔するときも鏡を見ないようにしていました。

​1ヶ月がすぎ、2ヶ月めになり、本当にこのまま社会復帰できなかったら、私はどうなってゆくんだろう、と不安の怯えながら、それでも手足を動かすことのできない私がいました。

もう私は駄目なのか、社会に通用しない廃人になってしまうのかなぁ・・・助けてくれる人もなく、一人暮らしだった私はこのままでは、野垂れ死に?

と恐怖心にかられ、ようやく重い腰をあげて、心療内科の門をたたき、言われるままに薬を飲み始めました。

半年後、一応回復し職場復帰ができましたが、なぜ自分がこういう状態になったのか、なぜ普通の人(?)はそうならないのか、本気で知りたいと思いました。そこにメスを入れないと、また同じことが起きる、その時、私はそう思いました。

その後、私は自分を知るための勉強を、猛然と始めました。最初は、地元の大学の市民講座でカウンセリングを受講、産業カウンセリング、交流分析、フォーカシング、コミュニケーショントレーニング、認知行動療法、ユング心理学、アドラー心理学、などなど。

そしてある日、吉本伊信氏の「内観」と出会い、私は1週間の内観を受けるため富山まで車を飛ばしました。今から思うと私の考え方の枠組を、ごろっと変えたのはこの時の1週間の経験でした。

それからも人間関係への興味は尽きず、やがて「コーチング」と出会います。

そしてこの時、謎が解けた、と感じました。

​人はその関わり次第で、相手を育てることも殺すこともできる、という驚きでした。

​関わり方とは、コミュニケーションの方法でした。

 

この2つの出会いがなければ、今日の私は存在しません。

私は心の健康を取り戻しました。

そして25年にわたる健康産業では2500人以上の方の健康を直接サポートし、また全国規模の会社のメンタルトレーニングを15年に渡って担当し、延べ1万人以上の受講生のメンタルサポートをしてきました。

だからこそ、自信を持ってお伝えできるのです。私と話をしてみませんか、と。

あなたが今、少しだけ立ち止まって「ご自身を本当に大切にする」という経験をしてみることが、どれほどご家族や同僚や上司にも影響を与えるか、また水が高いところから低いところへ流れるように、とても自然に、あなたの存在感がどれほど家庭でも職場で大きくなるか、そんな不思議を、感じてみてほしいと思っています。

​無料チケット「福谷と話をしよう50分」
​最後に

​ここまでご覧くださって、本当にありがとうございました。

あなたと出会えたことを、心からうれしく思っています。

今からお届けする4本の動画には、きっとあなたのお役にたてるヒントがいっぱい詰まっていると思います。​でもまずは、今回の無料チケットであなたと直接お目にかかれることを、とても楽しみにしています。

​*申し込み後の自動返信メールが届いてない方、迷惑フォルダを確認して、それでもなければ、すぐにこちらへご連絡くださいね。

​講師プロフィール

​福谷その子(ふくたにそのこ)

1955年11月16日生まれ 三重県津市出身

​一般社団法人セルフメディコ協会 代表理事

25年間にわたり健康食品を扱う仕事で2500人以上の健康を直接サポート。また、産業カウンセラー、交流分析、親業、内観、潜在意識、コーチングなどを学び、取引会社の人材育成セミナー講師を15年間務め、1万人以上の方のメンタルサポートをする。パーソナルコーチング歴は11年。

ココロ・カラダ・オカネの健康を土台に、

一人ひとりが

その人らしく輝ける世界を応援します

保有資格:交流分析士1級、㈶生涯学習財団認定コーチ

​専門分野:心と体の元気対策コーチ、人材育成